疾患情報

  • > 疾患情報
  • > 脊椎疾患
  • > 椎間板ヘルニア(腰椎/頚椎)
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    椎間板ヘルニア(腰椎/頚椎)

    椎間板ヘルニアとは?

    脊椎の骨と骨の間にある軟骨組織の構造物です。 腰椎ヘルニア疾患とは、重いものを持ち上げたり、交通事故、物理的な衝撃によって椎間板が本来の位置から押し出され、神経を刺激することによって疼痛が発生する疾患です。 一般的には、腰と下半身(太もも、ふくらはぎ、足など)の疼痛を伴い、身体的構造の異常よりも神経が押されて発生する疼痛のせいで苦しむ患者さんが多いです。。

    椎間板ヘルニア

    椎間板の位置による症状部位

    段階事務課受付->段階担当主治医の診療->段階治療費支払->段階治療->段階回復->段階予約と帰宅

    症状

    • 腰がずきずき痛む
    • お尻、太もも、ふくらはぎ、つま先が痺れる、痛い、つっぱる
    • 下半身のある部分に力が入らない
    • 朝髪を洗おうと首をかがめると、腰がこわばり痛みが走る
    • ずっしり重苦しい腰痛
    • 腰をかがめたり、座っていると痛みがある
    • 靴下を履くのがつらい
    • 長時間座っていると腰が痛い

    原因

    • 重いものを持ちあげるとき、腰に無理な圧力がかかった場合
    • 誤った生活習慣によって、首、または腰に無理が生じた場合
    • 日常生活で感じていなかった圧力によって少しずつ首と腰に無理が生じていた場合
    • 咳、くしゃみ、排便時、力を入れる時のように突然腹圧が上がった場合