手続のご案内

  • > 手続のご案内
  • > 非手術治療の流れ
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    非手術治療の流れ

    非手術治療の流れ

    神経形成術は腰椎・脊椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症などをはじめとする、さまざまな脊椎疾患の治療に最も普遍的に適用されています。
    施術方法は比較的簡単です。局所麻酔をしてから尾骨を通じて、硬膜の外の脊椎神経が通る通路の空間に直径1~2mmの太さの先端部分が自由自在に動く特殊カテーテルを挿入し、そのカテーテルを動かしながら狭くなった椎間板の隙間や神経が押されている場所を広げます。

    風船拡張術は風船がついた直径3mm前後の特殊製作されたカテーテルを尾骨の部位に挿入して狭くなった神経通路を広げる施術で、重症の脊椎疾患を治療する新しい治療法です。

    硬膜外内視鏡術は硬膜外腔の内部に内視鏡カメラを装着したカテーテルとレーザーを尾骨を通じて挿入し、脊椎疾患を治療する方法で、1度の施術で神経形成術と高周波髄核減圧術を同時に行ことができます。