治療のご案内

  • > 治療のご案内
  • > 慢性疲労クリニック
  • > 慢性疲労プログラムと検診
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    慢性疲労プログラムと検診

    慢性疲労とは?

    疲労感にお悩みですか?
    病院に行っていろいろな検査をしてみても特別な病名が出てこないことがあります。
    このように原因の分からない疲労によって日常生活に支障をきたし、6か月以上苦労しているとするならばそれは『慢性疲労』です。
    病気ではないのにいつも疲れていてあちこちが痛むという場合は、細胞の機能が低下して生じる症状ですが、細胞の機能は良くない食習慣、重金属、毒素環境、ストレス、
    睡眠不足などによって悪化することがあります。

    慢性疲労クリニックプログラム

    1段階:1次症状問診&診療 / 2段階:各種の検査 - 基本検査 - 精密検査 / 3段階 : 個人別カスタマイズ型治療ロードマップコンサルティング / 4段階:治療(静脈栄養注射治療 & 栄養剤治療) / 5段階 : ライフスタイル矯正 / 6段階 : アフターケア

    慢性疲労検診

    1段階 : 基本疾病検査
    - 貧血、肝機能、腎臓機能、甲状腺、リウマチ、糖尿病
    2段階 : 細胞機能基本検査
    - 貯蔵鉄検査、炎症反応検査、ホモシステイン検査、ビタミン検査(3種: B1, D,C)
    3段階 : 細胞機能精密検査
     毛髪ミネラル検査 : 体内栄養ミネラルのアンバランス状態と重金属汚染およびミネラル間の相互作用を測定して分析
      する検査    - 唾液ホルモン検査 : 血液では分からないストレスホルモンを測定    - 尿中有機酸検査 : 身体で起こる数万種類の化学反応の中でどの部分がうまく行っていないかを探し出して、原因が
   把握されない慢性疲労患者の細胞機能の問題を把握する検査    - 慢性食物アレルギー検査 : 普段よく食べている物のうち、気づかないうちに実はアレルギー反応が現れていたという
   隠されたアレルギーを確認し、慢性疲労毒素の原因を把握