治療のご案内

  • > 治療のご案内
  • > 徒手・運動治療
  • > 強化運動療法
  • > コアトレーニング徒手治療
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    コアトレーニング徒手治療

    コアトレーニング徒手治療とは?

    ヘルニア、狭窄症治療の核心は再発を防ぐことです。
    脊椎疾患の再発を防ぐためには、椎間板のすぐ横にあって脊椎を支えて脊椎の安定化に最も重要な役割を果たす深部筋をうまく強化することが重要です。
    コアトレーニング徒手治療を通じて脊椎深部筋が強化されると、脊椎が根本的に丈夫になります。
    必要な場合にはコアトレーニング徒手治療の途中で特殊超音波装置を利用して深部筋の正確な収縮を確認することができます。

    治療対象

    • 腰が疲れやすく脊椎で音がする場合
    • ぎっくり腰になりやすい場合
    • 筋肉が弱く腰の力が弱い場合
    • 腰痛、頚椎痛、ヘルニア、狭窄症の再発予防が必要な場合

    コルセット筋の超音波所見

    • <横腹筋>
    • <骨盤基底筋>
    • <多裂筋>