治療のご案内

  • > 治療のご案内
  • > 疼痛治療
  • > テーピング治療
  • > テーピング治療とは
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    テーピング治療とは

    テーピング治療とは

    毎日のようにおこなう運動や肉体労働、または精神的なストレスや誤った姿勢などにより、私たちの筋肉はダメージを受けやすくなっています。たとえば、上体を後ろに反らせて歩く人は、腰の周りの筋肉が緊張して腰痛を伴うことがあり、重心をとるために頭を体の前にもってくることになるので首の後ろと肩の筋肉が凝ったり緊張して、頭痛や肩こりなどの症状が現れることがあります。足がつったり足首が痛くなるのも筋肉性疼痛である場合が多いです。

    このように、筋肉の緊張や損傷によって筋膜に異常が生じると、筋肉が腫れて筋膜への出血によって内圧が上昇し、血管やリンパ管、組織液などの通路が遮られることになります。そして血液循環が円滑でなくなり、結局は病気を誘発するのですが、このような場合にテーピングをすると痛みがなくなり、関連している各種の病気の症状が好転し、慢性疾患へと発展するのを予防することができます。

    テーピング治療の原理

    現在、国内の医療界および一般人に最も多く使われているテーピング療法は、加瀬建造先生のキネシオテーピング療法です。

    ただし、韓国国内では日本とは異なり、複合および強化テーピングが多く使われています。それはなぜかと言うと、日本ではテーピング療法が民間療法として出発したため、軽い疾患に主に用いられていた一方、韓国では医師がまず受け入れたことから、軽い疾患の患者さんより、理学療法や既存の方法では治療反応が弱い難治病の患者さんに多く用いられてきたからです。そのようなこともあって、複合および強化テーピング、固定テーピングが多く活用されるようになりました。

    キネシオテーピング療法は、皮膚と類似した伸縮性を持つ弾力テープを用いて筋肉をストレッチングし、弛緩させた状態でテープを伸ばさずに貼ります。患者さんがストレッチングの姿勢でテープを貼ってから再び正常な姿勢に戻るとテープを貼ったところにしわができ、これによって筋肉と肌の間に空間が形成され、血液およびリンパの循環が可能になります。循環が増えると痛みを感じる物質も早く除去され、テープを貼った機械的刺激によって疼痛も減ることになります。

    .しかし、梨状筋や菱形筋のような深部筋ではしわができないので、スラッキングガンによる筋弛緩刺激療法を用いてはじめてテーピング治療の効果が得られるのですが、筋弛緩刺激療法を行う際にはテーピングと反対に筋肉を収縮させて刺激します。また、慢性的な疼痛では、テープを貼った状態で運動をさせて筋肉を強化することで治療効果を極大化することができます。

    .テープは筋肉の始まりと終わりの部分を探して筋肉の方向に沿って貼るのが原則ですが、筋肉の方向を無視して貼っても痛みの軽減には効果があり、ゲートコントロール理論(Gate Control Theory)によれば、弾力テープの縮む性質によって持続的な機械的刺激を与えると伝達神経を抑制して疼痛が減るということです。たとえば、頭痛がするときに前頭筋の方向に反してテーピングをしても持続的な機械的刺激によってある程度効果があるということがわかります。

    テーピングの種類

    治療に使われるテープは傷絆創膏のように特殊に薬品処理されているものではなく、皮膚のように30%の収縮率がある繊維に接着剤をつけただけのものです。現在市販されている弾力テープにはさまざまな種類がありますが、治療に最も適したものとしてキネシオテープを挙げることができます。


    [キネシオテープ] 痛みもなくて持続性が良く治療効果も優秀
    2.5cm/3,5cm/5cm/7.5cm幅のものがある。

    テーピングの形態

    テープは身体部位に合わせ、さまざまな形態や長さに切って使っています。テープの幅は、 2.5cm, 3.75cm, 5cm, 7.5cmがありますが、大部分の場合は5cmテープを使います。例えば、狭い幅のテープ(2.5cm)を使わなければならない場合には5cmテープを半分に切って使用し、より広い幅のテープを使わなければならない場合には5cmテープを2列に並べて貼ります。


    Y字テープの形態(筋肉用)-テープの片側の端を半分に切った形態、Y時の下の部分を先に固定してから筋肉の形に沿って2方向に広げて貼ります。Y字テープの形態-テープの両端を半分に切った状態。テープの中央をちぎるとテープは伸縮性があるのでテープの裏の紙だけが破れます。中央を破って真ん中からまず貼ってから両側の切れた部分を貼ります。
穂状テープの形態(血液循環用)-テープの片側の端を4列に切った状態。下の部分を先に貼ってから4列を広げて貼ります。楔形テープ-一字型テープを半分に折って楔形に切ってから広げると図のような穴があきます。