治療のご案内

  • > 治療のご案内
  • > 関節治療
  • > 関節非手術療法
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    関節非手術療法

    体外衝撃波治療

    体外衝撃波の作用

    • 尿道結石の衝撃波治療を発展させたもので、衝撃エネルギーを筋骨格系に精密に伝達することにより理学療法、 薬物、漢方治療などの補助的療法では好転しない関節の疾患、スポーツによる損傷を手術をせずに治療します。
    • 体外衝撃波治療法は腱の細胞膜に物理的な変化を起こし、衝撃波が腱の石灰質を除去することによって血行を促進し  血液の供給が増します。
    • 施術部位に科学的な変化と科学的な複合体を形成して疼痛の刺激を緩和します。
    • 低エネルギー衝撃派が複合通路を通じて神経を刺激する際に過刺激無痛が発生することにより疼痛の伝達を抑制し、このような効果が施術する間に疼痛の悪化が最小化する理由となります。

    特徴

    • 体外衝撃波治療は補助治療ではない根本的な治療です。
    • 入院の必要がありません。
    • 切開の必要がありません。
    • 麻酔をしないので合併症を減らすことができます。
    • 短時間の治療で済みます。
    • 治療後も日常生活が可能です。
    • 副作用がほとんどありません。

    適応症

    靭帯強化注射療法

    定義

    一時的な疼痛抑制注射ではなく、靭帯よりも浸透圧の高い物質を注入して靭帯を新たに再生させることにより弱くなった靭帯を丈夫にして慢性疼痛を解決する、疼痛の原因を根本的に治療する施術法です。
    一度再生した靭帯は、本来の健康な靭帯のように脊椎をしっかりと固定するので痛みの解消に大きな効果があります。
    簡単で危険負担も少ないのですが、疼痛部位に正確に注射薬物を入れなければならないという精密な施術のみならず、靭帯強化薬物やその他の薬物投与時に患者さんの状態に応じて用量を正確に調節する熟練した医術を要します。

    腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニア、靭帯疼痛、脊椎すべり症、脊椎側弯症、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、五十肩、関節痛に施術が可能です。

    関節徒手治療

    関節周囲の筋肉と靭帯を矯正して関節機能を正常化させる関節徒手治療

    関節徒手治療とは関節周囲の筋肉と靭帯を手で矯正して関節周囲の浮腫を取り除いて痛みを緩和し、関節の機能を回復させまる治療のことです。

    肩、ひじ、手首、膝、足首の関節痛に施行し、痛みのある部位の関節を柔らかく動かしながら関節の運動範囲を回復させ、関節周囲の筋肉を弛緩させて靭帯を刺激し、関節の機能を正常化します。関節の可動範囲が増して筋肉が弛緩し、血液循環が改善されて浮腫がおさまり痛みが緩和します。