治療のご案内

  • > 治療のご案内
  • > 関節治療
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    関節治療

    幹細胞軟骨再生術

    幹細胞軟骨再生術の方法

    幹細胞治療前 /幹細胞治療1年後 成人した後に特定の組織に損傷が生じた場合、体内の幹細胞が損傷した組織の細胞の分化、増殖によって回復させることができます。
    このような幹細胞の長所を用いて自分の骨髄から採取した幹細胞を膝の軟骨の損傷した部位に直接注射して治療を行います。

    幹細胞軟骨再生術は二つの方法に分けられます。
    50歳未満の患者さんには自分の骨髄から採取した成体幹細胞を用いて損傷した関節と軟骨に幹細胞を注入して再生する治療を行います。
    50歳以上の患者さんに適用される方法は、一般の成体幹細胞を培養した治療剤を用いて膝の軟骨部位に注入して再生させる治療です。

    治療対象

    • 初期・中期の変形性関節症
    • スポーツおよび交通事故による軟骨損傷患者

    特徴

    - 50歳未満は自己幹細胞を使用
    : 幹細胞は周辺の組織と類似して分化し、成長因子と共に損傷した組織をすばやく再生します。これまでの軟骨細胞を外部で培養する方式ではないので、外部環境への露出による幹線や遺伝子変異などの危険がありません。
    手術方式ではなく幹細胞を利用した治療術であり、初めて安定性と有効性が国から認められました。
    50歳以下は自分の幹細胞を利用した手術が可能です。
    - 50歳以上のすべての年齢層は培養した幹細胞を使用
    : 軟骨再生能力が低下する高齢者に施術しても優れた軟骨の再生能力があります。
    患者が自分の軟骨を採取する必要はなく、整形外科的手術が可能なすべての年代で用いることができます。

    50代以上でも優れた 軟骨再生効果を確認 / 1回の施術で卓越した 軟骨再生効果 / 硝子軟骨の 再生確認 / 損傷した軟骨の 組織再生治療剤

    自家軟骨移植術

    自家軟骨移植術とは?

    外傷や病気によって関節を覆っている関節軟骨の一部が損傷した場合に、患者さん自身の軟骨細胞を採取して培養し、培養した本人の軟骨を関節に移植する手術です。

    言葉のとおり患者さん自身から軟骨の一部を採取して細胞病院で軟骨細胞を培養し、培養した軟骨細胞を損傷部位に移植し、自己成長を通じて傷を治療するというものです。患者さん本人の健康な軟骨組織を採取して行う手術なので、健康な軟骨へのすばやい回復が可能で、副作用および拒絶反応がまったくありません。

    特徴

    すばやく効果的な再生力
    - 自分の軟骨細胞 を培養した後に損傷した関節面に移植し、損傷した部位がすばやく回復します。
    高い安定性と有効性
    - 過去の治療法は単に痛みを少なくするという目的で一時的な治療に過ぎませんでしたが、自家軟骨移植術は損傷した膝の軟骨を根本的に復元します。