治療のご案内

  • > 治療のご案内
  • > 脊椎治療
  • > 脊椎非手術施術療法
  • > CFIMS療法
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    CFIMS療法

    CFIMS療法とは

    ヘルニアや狭窄症による疼痛の原因は、神経の炎症と浮腫によって発生します。飛び出した椎間板が神経を押したり、 脊椎管が狭窄した部位で神経が圧迫されたりすると、神経の動きが減り、神経周囲に瘢痕組織との癒着、浮腫などが発生し、疼痛が誘発されます。CFIMS療法で用いる針は長くて曲がり、先が丸いので神経を損傷することのない特殊針(round needle)を使用します。神経が出る部位の椎間孔の位置まで特殊針を挿入し、直接的にヘルニアや狭窄症と神経の間の癒着を剥離して圧迫された神経に流動性を確保し、癒着防止剤を注入して疼痛の原因となる神経の炎症と浮腫を治療します。

    CFIMS施術の様子

    特徴

    • 筋肉や腱膜を刺激して治療する単純FIMSとは異なり、神経の圧迫部位となっている椎間孔の位置まで特殊針を到達させて疼痛の直接的な原因を除きます。
    • リアルタイム映像装置(C-ARM)を利用して直接目で確認しながら治療するので、正確で安全です。
    • 局所麻酔下で施術するので全身麻酔に対する負担がありません。
    • 高齢や糖尿病、高血圧、骨粗しょう症などの全身疾患により手術が負担となる患者さんにも安心です。

    施術のプロセス

    • 局所麻酔の後にリアルタイム映像装置(C-arm)を通じて直接目で確認しながら特殊針をヘルニア/狭窄症と神経が 圧迫された椎間孔部位まで挿入します。
    • 特殊針の先を利用して神経癒着を剥離した後に、疼痛の原因となる神経には刺激を誘発して周辺の脊椎深部筋と靭帯 を弛緩します。
    • 必要に応じて癒着防止および神経炎症緩和剤を注入します。

    治療対象

    • 頚椎椎間板ヘルニア
    • 頚椎脊柱管狭窄症
    • 急性、慢性頚椎痛
    • 頚椎関節痛および頚椎性頭痛
    • 神経癒着による頚椎疼痛と腕のしびれ
    • 脊椎手術後も疼痛が持続する場合
    • これまでの神経ブロック術や神経形成術では効果が小さい場合

    施術前後の画像

    体の温度が高いほど赤く、低いほど青に近い色になります。
    施術前は血液循環がうまくいかない部分があるということを意味します。

    施術前/施術後