治療のご案内

  • > 治療のご案内
  • > 脊椎治療
  • > 脊椎非手術施術療法
  • > 硬膜外神経形成術
    • 診療時間 · 手続き案内
    • アクセス
    • 治療前後事例
    • オンライン

    硬膜外神経形成術

    腰椎硬膜外神経形成術とは?

    腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた後に、手術は成功したけれども痛みがなくならない場合や、多少時間が経ってから痛みが再発するといった場合は、MRI上でも確認できないことが多くあります。 これらの症状は、手術後の神経炎症、神経周囲の癒着などの原因によっても発生します。
    そのような場合に、患者さんはすでに手術を受けたということで、臨時の治療として疼痛注射を打ったり鎮痛剤を飲んで苦痛を我慢する場合が多くあります。
    腰椎硬膜外神経形成術は、すでに手術を受けた患者さんのみならず、肝臓、肺、血圧、糖尿病などの問題があって脊椎手術が受けられない患者さんや、脊椎手術をする前に最後の手段としての非手術治療をお望みの患者さんに必要な施術です。

    硬膜外神経形成術は、アメリカテキサス大のラッツ教授が開発した施術で、注射針につながれている直径1 mm、長さ40~50cmの特殊カテーテルを尾骨を通して患部に挿入し、リアルタイム映像機器のC-Arm装置を用いて目で直接確認しながら脊椎版や狭窄症が神経を圧迫している部分まで到達させ、特殊カテーテルの先を利用して癒着を解消して癒着防止酵素剤と抗炎症剤を注入し、疼痛を誘発する炎症や浮腫、神経周囲の癒着を治療する施術です。

    大学病院級の最新手術室

    当院で行っているすべての硬膜外神経形成術は大学病院級の恒温、恒湿、無停電クリーンルーム設備を備えた最新の手術室で熟練した医療陣によって行われます。

    Spine Treatment

    施術のプロセス

    局所麻酔の下で尾骨に特殊カテーテルが入るようにガイド針を挿入し、造影剤を注入してから特殊カテーテルを施術部位(疼痛の原因となっている部位)まで押し入れます。
    この時、尾骨から脊椎管までは閉ざされた部分がないので、自然に入っていくようになっています。
    その後、特殊カテーテルを通じて疼痛の原因を除去し、神経が押されている部分は神経管を広げながら癒着防止剤を投与して神経の浮腫と炎症を鎮め、神経周囲の癒着を解消して神経が円滑に動くことができるようにします。

    治療可能な疾患

    • 腰椎椎間板ヘルニア, 頚椎椎間板ヘルニア
    • 脊柱管狭窄症
    • 急性、慢性腰痛(腰)
    • 急性、慢性頚椎痛(首)
    • 足のしびれ
    • すべり症
    • 脊椎手術後も疼痛が続く場合
    • 手のしびれ

    特徴

    • リアルタイム映像装置C-Armを利用して施術するので、癒着部位を正確に探し出して安全に治療します。
    • 全身麻酔の負担がなく、非手術なので傷痕がほとんど残りません。
    • 年齢、糖尿病、血圧に関係なく施術が可能です。
    • 神経癒着による疼痛に大きな効果があります。